65歳超雇用推進助成金

高年齢者無期雇用転換コースでは、最大60万円×10人=600万円

※中小企業で生産性要件適用
※大企業は48万円×10人=480万円(生産性要件適用)

 

60歳定年後の従業員を確保し、65歳以上の雇用確保・定年制を見直した事業所に支給

「高年齢者無期雇用転換コース」「高年齢者雇用環境整備支援コース」 「65歳超継続雇用促進コース」の3つのコースがあり、各々の事業所にあった助成金を活用できます。
中でも、「高年齢者無期雇用転換コース」が比較的活用し易いのではないでしょうか。

 

人材不足への対応策の一環として、経験のある高齢者の雇用を安定的に確保したい。
雇用の延長制度や定年制の見直しを考えている。

 

60歳を超えて1年以上継続雇用(嘱託又は正規雇用)の従業員が1人以上在籍している。
制度見直しのために、専門家に費用の支出をしている。

 

65歳超雇用促進助成金(PDF)はこちら…>>

高年齢者無期雇用転換コース(PDF)はこちら…>>