生産性要件とは?

1)趣旨

 国は、今後労働力人口の減少が見込まれる中で経済成長を図っていくためには、個々の労働者が生み出す付加価値(生産性)を高めていくことが不可欠としています。
このため、企業における生産性向上の取組みを支援するため、生産性を向上させた企業が労働関係助成金(一部)を利用する場合、その助成額又は助成率を割増します。

  より詳しい情報(PDF)はこちらから…>>

2)生産性要件

 労働関係助成金は、助成金を申請する事業所が、次の方法で計算した「生産性要件」を満たしている場合に、助成の割増を行います。

 (1) 助成金の支給申請を行う直近の会計年度における「生産性」が、その3年前に比べて6%以上伸びていること

 (2) 「生産性」は次の計算式によって計算します。
 生産性゠ 営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課
 雇用保険被保険者数

 (3) その他の要件もありますが、詳しくはお問合せ下さい。